efoサービスの内容

efoサービスは、コンバーション率を上げるためにホームページを快適にする事です。色々なefoがありますが、基本的には、フォームを入力する手間を軽減させる事です。これは実際に入力する内容を簡単にするだけでなく、入力フォームに気が散って集中を乱すような物を無くしたり、イライラしてしまうような導線を無くすなどの対策になります。

efoサービスefoサービスで最もベーシックな物は自動入力です。WEBショップでお買いものをすると、郵便番号を入れただけで、大まかな住所が全て自動で入力出来てしまうような所がありますが、これは代表的なefoになります。ユーザーにとっては入力内容を極端に減らす事ができますので、コンバーション率を高める効果が期待できます。また、入力内容を精査するのも重要です。特に電話番号などは自宅、携帯電話、FAXなどに分かれている所もありますが、可能でしたらまとめてしまうのも一つの方法です。

また、サジェスト機能といって、全て入力し終わる前に提案表示してくれるような機能を追加すると、ユーザーの負担は軽減されます。特にメールアドレスの入力は面倒ですので、サジェスト機能が付いているとコンバーション率を上げる事ができます。他にも色々な取り組みがありますので、ぜひチェックしてみてください。

efoサービスのメリット

SEO対策efoサービス自体は、それほど目立ったことではありませんので、ホームページの更新であったり、コンテンツの充実化、SEO対策などと比べると優先度は低めに設定している所が多くなっております。しかし、コンバージョン率というホームページに来てくれた方が、商品ページから商品を購入してくれたり、資料請求などのアクションをする前に離脱せずにアクションをしてくれる確率を上げる事によって、最終的な成果を上げる事ができるefoサービスをしっかりと活用する事はとても重要な事です。

実際にこれまで10,000人ホームページへの訪問者数がいて、最終アクションまで行ってくれた方が10人だった場合には、成果的には10人になります。これをefoサービスを施した事で最終アクションまで行ってくれた方を15人に増やす事ができれば、売り上げは単純計算で1.5倍に上げる事ができるのです。

SEOなどの対策をして訪問者数を20,000人に増やす事によって成果を倍の20人に増やす事も重要ですが、efoサービスを施していれば、成果が30人になりますので、他の働きの効果も上げる事ができるのです。ホームページの戦略は多方面から攻める事によって何倍もの成果をあげる事ができます。まだefoサービスを利用していない方はチャレンジしてみてください。

efoサービスとは

efoefoサービスは、イーエフオーサービスと読みます。Entry Form Optimizationの頭文字を取った略称となっており、最近よく耳にするようになってきました。efoサービスとは具体的にどのような内容なのかというと、ホームページにある申し込みフォームを持っている管理者の方が、ホームページに来てくれたユーザーの方が、申し込みフォームの入力が面倒で離脱してしまわないように入力フォームの改善を行う事です。

以前まではSEO(Search Engine Optimization)の対策をして、ホームページに来てくれる人を増やせば問題ないと思われていましたが、いくらホームページに人を集めたとしても、入力フォームに入力が終る前に離脱してしまうのでは意味がありません。貴重なリソースを無駄にしないように100パーセント使い切ろうという思いがefoサービスの根底にあるのです。

しかし、efoサービスについては、色々なツールであったり考え方があるために、自分のホームページに合っている物をしっかりと選ぶ必要があり、efoサービスを利用していたとしても、自分のホームページに合っていない物を利用していなければ、効果は半減どころか全然効果が現れないようなケースも考えられますので、身長に選択する必要があります。そこでこちらのページでは、これからはじめてefoサービスに取り組もうと考えている方や、既にefoサービスに取り組んでいるけどいまいち効果が出ていない方などの為に、効果的なefoサービスを施す方法などの情報をご紹介します。